セブンとクレカとQUOカードの組み合わせで目からウロコの節約術

560

QUOカードを使ったことはありますか?

ご存じの方も多いかと思いますが、QUOカードは全国共通のプリペイドカード商品券です。
イベント等の景品としてもよく使われていますよね。
今回はそんなQUOカードを使った、とっても得になる、まさに目からウロコな節約術のお話しをします。

ポイントは「QUOカードを買う場所と、買う方法」です。

quo-nanaco
その節約術とは、QUOカードを『セブンイレブン』『クレジットカード払いで買う』、という方法です。

この後ゆっくり説明しますが、簡単な流れはこうです。

① クレジットカードでnanacoにチャージする
② そのnanacoでQUOカードを購入する
③ そのQUOカードを好きな店舗で使う

これだけです。この流れだけでとってもお得になってしまうんです。

実はとても優秀なQUOカード

それではさっそく説明していきますね。

まずはお手持ちのnanacoカード又はnanacoモバイルにクレジットチャージをします。
クレジットチャージの方法はこちら

チャージをしたらセブンイレブンへ行き、そのnanacoでQUOカードを購入

ここで大事な情報です。
QUOカードの5,000円分または10,000円分をセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの加盟店で購入すると、少額ですが「おまけ」がついているのをご存知でしたでしょうか?
額面5,000円分のカードには+70円、額面10,000円分のカードには+180円のおまけ付き。
つまり、5,000円で購入したクオカードは5,070円分、10,000円で購入したクオカードは10,180円分のお買い物ができるんです。

『なんだ、そんな少額か。そもそもQUOカードってそんなに使い道ないでしょ。』
なんてもし思っていたら大間違い。本題はこれからです。

QUOカードは、全国のコンビニ、ガスト・デニーズ・夢庵・バーミヤン等のファミリーレストラン、書店、マツモトキヨシ等のドラッグストア、HMV、ガソリンスタンド(ENEOS、JASS)と使えるところはなんと全国約52,000店舗

実はかなり使い勝手がいいんです。使用期限もありません。

quo%e3%81%8b%e3%83%bc%e3%81%a9

どうですか?意外と様々なところで使えることがお分かりになったと思います。

 

セブンとクレカとQUOカードの関係がついに明らかに

なぜ『セブンイレブン』でわざわざ『クレジットカード』を使って購入するのか。

それはnanacoのチャージに使うとnanacoポイントが還元されるクレジットカードがあるからなんです。

残念ながらQUOカードの購入自体ではnanacoポイントが付かないのですが、クレジットカードでnanacoにチャージすることで、間接的にチャージ分の利用ポイントをクレジットカードにつけることができるのです。

ここで少しやっかいなのが、nanacoにチャージすることができるクレジットカードが限られているということ。

◆nanacoにチャージ可能なクレジットカード◆
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
セブンカード /セブンカード・プラス/ アイワイカード
ミレニアムカード セゾン / クラブ・オンカード セゾン
JCBマークのあるカード(一部対象外あり)
セゾンマークのあるカード
・UCマークのあるカード(一部対象外あり)
三井住友カード(株)が発行しているカード(一部対象外あり)
ジャックスのロゴマークがカードの表面または裏面に付いているカード
(株)ゆうちょ銀行が発行しているカード(一部対象外あり)
(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモが発行しているDCMXカード(一部対象外あり)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そこで今回おすすめしたいのは、nanacoと一体型になった「セブンカード・プラス」です。
quo-sevencard

「セブンカード・プラス」は名前の通り、セブンイレブンのnanacoカードとクレジットカードが一緒になったもので、カードの利用額に応じたポイントがnanacoポイントとしてカードに貯まります。
貯まったnanacoポイントは「1ポイント=1円」として毎日のセブンイレブンでのお買い物や、デニーズ、セブンネットなどで利用することができます。ポイントが1円単位から利用可能なのは使いやすいですね。

◆セブンカード・プラスの特徴◆
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 【初年度年会費無料】
 
・セブン&アイグループでのカード利用で「200円ごとに3ポイント」
 ・西武そごう・7net・アリオの利用で「200円ごとに2ポイント」
 ・国内/海外のJCB・VISA加盟店の支払いで「200円ごとに1ポイント」
 ・光熱費、携帯電話料金などの支払いで「200円ごとに1ポイント」
 ・対象商品の購入でボーナスポイント【10ポイント~】
 ・イトーヨーカドーにて8日のつく日はほとんど全品【5%OFF】
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

さらに、予想ネットから「セブンカード・プラス」を発行すると、【2,000円分のコイン/ポイント】がもらえますので、通常にカードを作るよりもお得になります。

 

セブンとクレカとQUOカードで驚きの3.3%の還元率!!

さて、話しを戻します。
この方法で買い物をするといったいどのくらいお得になるのか、気になりますよね。

ではまず10,000円のQUOカードを現金で買ってみた場合はどうでしょう。
quo-seven10000

セブンイレブンのQUOカードは10,000円で180円のおまけ付き。つまり1.8%の還元
日々の飲食や化粧品、消耗品、CD、外食、代などの支払いをQUOカードメインとし、1ヶ月にQUOカードを50,000円分買うとします。まずこれで【実質900円】おまけでもらえることになります。

次に、同じ10,000円分のQUOカードをセブンカード・プラスで買った場合はどうでしょう。
セブンカード・プラスで10,000円分チャージしたnanacoでQUOカードを購入します。

セブンイレブンでのカード利用は200円で3nanacoポイントなので、
10,000円のチャージ分利用で150円(相当nanacoポイント)+QUOカードのおまけ180円
⇒合計で330円、つまり3.3%の還元になります。

同じように50,000円分購入した場合1,650円ついてくることになるので、QUOカードを現金か、カードでチャージしたnanacoで買うかの違いだけでなんと【750円】も差が出ました。

QUOカードでは公共料金やタバコの支払いはできないため、コンビニ・薬局・ガソリンなどの支払いはnanacoを使って買ったQUOカード、公共料金はセブンカード・プラスで支払い。などと使い分けをすれば、どちらでもnanacoポイントを貯めることができ、とてもお得になります。

ちなみに自動車保険や国民健康保険、固定資産税、住民税もセブンカード・プラスを使って納めることができますよ。
詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ♪

いかがでしたか?
セブンとクレカとQUOカードの組み合わせで、3.3%もお得にできましたね。

QUOカードはコンビニをはじめ、全国約52,000店舗で利用可能なので、日々の生活の中で便利に使えます。使用期限もないので、余分に買ってしまったとしても自分のペースで使えるのも安心です。

「セブンカード・プラス」はもはや節約の必須アイテムとも言えるかもしれません。予想ネットからのカード発行で2,000円相当のポイントがもらえますので、ぜひカード発行もお得にしちゃいましょう。

quo-end

ほんの少しの工夫とアイデアだけで、こんなにお得になるなんて驚きですよね。

まさに目からウロコ。になっていただければうれしいお話しでした。

予想ネットから「セブンカード・プラス」に申し込む

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>